海外への年賀状


すっかり寒くなって「冬」って感じになりましたね。

あまりの冷え込みに、ついに、こたつを出しました!

今年も残り1ヶ月半くらい。あっという間ですね・・・。

年末に向けてやらなければならない事を整理していたら、億劫になってきました。

特に部屋の大掃除・・・。

さて、先日、友人に「海外へ年賀状ってどうやって出すんやろう?」と聞かれました。

そういえば年賀状って日本だけなんじゃないのかなぁ?と思い調べてみたところ・・・。

年賀状を交換する習慣は日本独特らしいです。

・欧米のキリスト教圏では−クリスマスの時期にクリスマス交換する習慣があります。「年賀状」という名目ではなくクリスマスカードに賀詞を添えクリスマスと年賀を兼ねた季節の挨拶状として送ることが多い。クリスマスカードには喪中欠礼の習慣がありませんので、日本国内でも喪中の人(キリスト教徒でなくても)に年賀状の代わりにクリスマスカードを送る人が増えています。※欧米でもキリスト教以外を信仰する人が少なくありません。キリスト教徒ではない人への「メリー・クリスマス」は避けましょう。

だそうです。ちなみに「X’mas」という表記は間違いでアポストロフィをつけないで「Xmas」が正しいそうです。

クリスマスカードはクリスマスプレゼントにつけて渡したりすることはありましたが、年賀を兼ねた挨拶状として使えることは知りませんでした!喪中の人に年賀状の代わりに送るというのは良いですね☆

「挨拶状ドットコム」ではこんな可愛いクリスマスカードに自分で考えた挨拶文を入れて作成してくれるみたいです(^^)

   

・中国の年賀状−日本同様に年賀切手とお年玉付き年賀はがきが発行されています。中国では新暦のお正月よりも旧暦のお正月「春節」を盛大にお祝いするので、年賀状は春節に合わせて行う方が多いようです。

だそうです。中国でも年賀状が発行されているんですね!知らなかった!

ちなみに日本の年賀状を海外に送ることもできるみたいです!

方法は年賀状に①20円切手を貼る(計70円の郵送料となるわけですね)②宛名面に「POST CARD」「AIR MAIL」と書く。あとは差出人と宛名を書けば通常の年賀状と同様に投函するだけでOK!

海外に住んでいる友人や家族に送るのも良さそうですし、または外国人の友人に送ると日本っぽい和風な年賀状など喜ばれそうですよね!

「挨拶状ドットコム」

というのをやってました☆

最近は年賀状を出す人の数が減っているみたいですが、日本の年賀状という文化を世界に広められたら、年賀状で世界中の人と繋がれたら・・・素敵ですよね☆

とりあえず友人に「海外にも年賀状出せるよ!」

ということを教えてあげようと思います(^^)

 


Comments are closed.