喪中はがき


【喪中はがき】豆知識

・ 喪中ハガキって?

喪中ハガキとは、近親者で年内に不幸があった場合などに、

故人に対する生前の厚誼に感謝するということと、1年間は喪に服しますので、

慶事を避け年始挨拶も避け、年賀状は出しませんということを知らせる年賀を欠礼するのハガキの事です。

 

・ 喪中ハガキを送る時期は?

喪中はがきは、相手が年賀状を書く前の11月末~12月の上旬に届くように出すのがよろしいかと思います。
12月にご不幸があった場合など、やむをえずその時期に喪中はがきが出せず遅くなってしまった場合は、

年が明けた1月5日ごろから「寒中見舞い」として出すかたも多いです。

「寒中見舞い」とは読んで字のごとく、寒い中の見舞い状ですが、

年賀状を出しそびれた方に対して、年明けに出したりする方も多いです。

 

・ 誰に知らせるの?

一般的には、年賀状をやり取りされている方全員に送られる事が多いようです。
逝去を知らせる事で余計な気遣いをさせたくない相手や仕事関係者には、

喪中はがきではなく、年賀状を出される場合もあります。

会社名で出す年賀状は、たとえ社長が喪中でも欠礼しないのが普通です。

 

・ 喪中とは親戚のどのあたりまで喪に服すべきですか?

一般的には、本人から見た2親等以内の場合に喪中とします。

3親等以上でも、同居や親しい間柄の場合は、喪中にする場合が多いようです。

 

喪中ハガキの印刷をご希望の方はこちら

寒中見舞いの印刷をご希望の方はこちら


Comments are closed.